大人ニキビ 頬のニキビ

頬にできたニキビは大人ニキビ?

特に頬にできてしまうニキビは、10代の思春期にできるものと20歳を過ぎてからできるものとでは原因となるものが違います。

頬にできたニキビは大人ニキビ?

ニキビは思春期の頃にできてしまうものと、20歳を過ぎて大人になってからのものとでは、ニキビの原因となるものに大きく違いがあります。

 

特に頬にできてしまうニキビは、10代の思春期にできるものと20歳を過ぎてからできるものとでは原因となるものが違うことが多いようです。

 

10代の思春期の頃にできる頬のニキビの主な原因は、成長ホルモンの影響によって皮脂が過剰分泌されることによって毛穴に皮脂が詰まりニキビ化してしまうことが多く、その数は数え切れないほど頬全体に大量発生してしまうことが多いと言われています。

 

それに対し、20歳を過ぎてからできる大人にきびと言われるものは、思春期の頃のような皮脂が過剰に分泌されるために起こるにきびではなく、肌の乾燥によって角質が硬くなることで毛穴を詰まらせてニキビが出来てしまうのです。

 

大人になってからも皮脂の分泌の多い人はいますが、それはTゾーンなど限られた部位の皮脂分泌が多いのであって頬まで皮脂分泌の多い人というのはごく少数のようです。

 

思春期を過ぎてからできてしまう頬のニキビは大人ニキビと言って間違いなく、ニキビの原因となるものも思春期の頃とは全く違うものとなりますが、どちらも毛穴に皮脂が詰まったり、古い角質が張り付くなどが原因となりニキビを発症してしまうのです。

 

頬にできてしまった大人にきびは、ただ単に皮脂とアクネケアを行うだけでは改善することは難しく、お肌が乾燥している状態を改善しながら毛穴が詰まりにくい健康的なお肌を作ることを心がけることが必要不可欠となるようです。


 
おすすめのリンク集Copyright (C) 2010 大人ニキビが治らない理由とは? All Rights Reserved.