皮膚科 ニキビ治療

皮膚科で行うニキビ治療について

皮膚科で行われるニキビ治療は、まず保険適用で行うことのできる治療を行なっていきます。

皮膚科で行うニキビ治療について

皮膚科で行うニキビ治療とはどのように行われるのでしょうか。

 

一般的な皮膚科で行われるニキビ治療は、まず保険適用で行うことのできる治療を行なっていきます。

 

炎症を起こしてしまったニキビ治療や皮脂分泌を調節したりお肌の状態を良い状態に保つように補助的に補うことなどを目的として、抗生剤やホルモン剤、ビタミン剤の他にも漢方薬などの飲み薬が処方されます。

 

それと合わせて、ニキビの患部に塗る抗炎症クリームや抗菌剤などが入った塗り薬が処方されます。

 

ニキビの数が2、3個程度でニキビの状態も軽症の場合は、これらの治療で治る場合がほとんどです。

 

また、ニキビの芯(膿)を圧出して取り除くこともあります。

 

ただニキビは遺伝や体質的に出来やすいという場合も多く、そのような人や重症な場合は治療を行なっても良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多いと言います。

 

一度皮膚科に通うと2、3年かかる人もいれば10年近くニキビ治療に通っているという人も少なくないようです。

 

ニキビ治療は治療を受ける人の状態と意向によって、保険適用内で治療を続けていく人もいれば漢方薬やビタミン剤などを服用しながらの治療で様子を見る人、皮脂腺そのものを破壊する治療を行う人など様々です。

 

皮膚科でのニキビ治療を行う場合は、長く通院することも考え信頼して何でも相談することのできる皮膚科の医師のところへ通うようにすると安心して治療を受けることができるようです。


 
おすすめのリンク集Copyright (C) 2010 大人ニキビが治らない理由とは? All Rights Reserved.